読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「◯◯点アップ!」って本当に信用できるの?

中間考査真っ只中ですね。中間考査が終わるとそれぞれの塾では「5科目80点アップ!」「数学30点アップ」といった文言がチラシやHPに書かれます。それを見て世間の人たちは「◯◯塾は凄い」とか「◯◯塾は指導力がある」と思うのでしょうね。特にものを知らない子…

プログラミングって全員が学ぶ必要あるのだろうか…

プログラミングを小学生に必修化するとか話題になっていますけど、本当に全員が学ぶ必要があるのでしょうかね。国としては多くのITエンジニアを育てたいということらしいですが。いつも思うのですが、もっと基礎的なことを勉強があるのですよ。例えば、理科…

角松敏生 SEA IS A LADY

暑い日が続いています。梅雨に入ると少し涼しいときもあるでしょうが、日差しは完全に夏ですね。日中、車をに乗るとエアコンを入れないと厳しい状況です。しかし、これくらいの暑さなら、私は風を感じながら走るほうが気持ちいいですけどね。 さて、暑くなる…

そないに怒りますか…

私は中1くらいの頃、英語が全く出来なくってまともな点数を取っていませんでした。昔の定期考査ですから、簡単なんですよ。今の問題と比較するとアホみたいなテスだったのです。また地域的にも難しくはなかったのです。市販の教科書ワークみたいな問題集を…

「見る」と「見える」とか「した」と「していた」とか…

驚くかもしれませんが、「見る」と「見える」の違いがはっきりとわかっていない生徒は多いのです。さらに、「見せる」が入ってくると混乱していますね。もちろん上位層にはほとんど見られせんが、偏差値50台以下の生徒は心配ですね。さらに、「~します。…

指示以外のことをできるようさせてやらないとね

できる生徒は先生から出された指示をきっちりと守ります。授業の受け方、ノートの取り方、やり直しの仕方、質問の仕方など、あらゆる指示にきっちりと従ってくれます。しかし、それだけでは伸び悩みます。偏差値60前後で止まってしまうのです。それだけは…

美術のテスト

美術のテストでは、有名な絵画や彫刻などの作者と作品名を覚えているかどうかを試すものが多いです。最近では、芸術性の高い仏像や宝物の名称や作者を答えさせる問題が増えてきましたね。例えば、「釈迦三尊像」「螺鈿紫檀五弦琵琶」「薬師如来像」など、こ…

先生が名前を間違たらあかんでしょ

先日、郵便局で久しぶりに名前を間違えられた。私は栗本(クリモト)だが、「アワモト」と間違えられたのである。窓口の人は「粟」と「栗」を間違ったのだ。実はこの間違いは久しぶりだ。何十年かぶりなのである。まあ、人間だから誰にでも間違いはある。し…

だってもさってもない!

注意したり叱ったりすると、「だって~」と言って、言い訳をしたり、理屈をこねる子供がいます。こういう子供は何度も何度も「だって~」というものです。そして、我を通そうとしたり、通らなければ拗ねてしまったりすることもあるでしょう。こういう子供に…

「宿題を忘れました」に関して

生徒のよく言う「宿題を忘れました」には大事なことが抜け落ちています。 それは次の3つの赤字部分です。私はかならずこの赤字部分を追及します。 ①宿題を持ってくるのを忘れた ②宿題をするのを忘れた ③宿題があるのを忘れていた これを追及しないと適切な…

いつまでも同じ話は伝わらない

どれだけいい話でも伝わらない話はある。聞き手の知識が乏しかったり、価値観が一致しなければ素晴らしい話もただのボケた話、退屈なくだらない話になりうるのである。話をきっちりと聞かせ理解させるには、聞き手を知らないとダメなのは言うまでもないこと…

間もなく777記事達成!

間もなくこのブログも777記事達成です。間もなくですよ、いつになるか知りませんが、もうすぐです。この記事で774号ですからね。順調にいくとあと3記事ですからね。本当にもうすぐです。別に何があるわけではありません。なんとなく777って嬉しい…

シェルターが再び

最近の緊迫した半島情勢に関連して、シェルターという言葉を聞くようようになった。 shelter:避難所・隠れ場・収容施設など。 ちなみに、air -raid shelterとすれば防空壕となる。実際には「核シェルター」というふうに使われている。核攻撃や放射能から身…

わからないときは答えを見ても良いのですけど…

わからないときは答えを見ても良いのですが、そのタイミングが大事なのです。しっかりと考えたあとで見ればいいのですけど、辛抱できなくて直ぐに見てしまう人がいますよね。それでは意味はありません。かと言って考えすぎるのも時間の無駄です。一問一答レ…

わかりにくいカタカナ語が多いですが

アジェンダ、スキーム、コンセンサス、コンプライアンス、エビデンス、ソース… まあ、こういうのはいつの時代にでもあるものですが、最近はひどいような気もします。特にビジネス用語がたいへんですね。もう本当にどういう意味なのかわからない言葉も多いで…

叱り方のポイント

子供を叱るのは難しいものです。なかなか叱れない方、叱り方に迷っていおられる方、叱りすぎて後悔している方もおられるでしょう。特にはじめての子供の場合は正直なところどうするべきかわからないものです。僭越ながら私も親の立場でありますので、叱り方…

鯉のぼりは治安が良いあかし

鯉のぼりって、男の子がいることを広範囲に知ら示すことになりますからね。冷静に考えると怖いことですよね。治安の悪い国だと、「どうぞ誘拐してください」と宣伝しているようなものですからね。そして、その鯉のぼりは大きなものだと10mほどありますよ…

先生側からみた良い塾・悪い塾

先生側から見た良い塾、悪い塾については挙げればきりがありませんが、次の2点に絞り込むことができます。もちろん、一側面、一意見ですから絶対的なものではありません。 良い塾は ①教材や本がたくさんある ②生徒や指導法に関する話題が多い ①は先生が教材…

今年のGWは暦通りでやります。

私:「今年のGWは暦通りです。」 生徒:「こよみって何?」 とまあ、信じられない返答が返ってくる場合があるのですが、困ったもんです。 とういうわけで、進学塾teTsuのGWは以下の通りです。 4月29日(土):休み 4月30日(日):休み 5月 1日(月…

塾の先生は昼間何をしているのですか?

本当に何をしているのでしょうね。大手塾の先生はだいたいわかりますよ。おそらく、わけの分からい不毛な会議が山ほどあって、その上必要のない種類を大量に作成したりして忙しいですからね。本当にたいへんだと思います。教材研究はいつするんでしょうね。…

口を滑らした大臣

今村大臣が辞任が話題になっていますが、まさに口を滑らしたという感じがしますね。基本的に自分の頭の中にない言葉は出てくるものではありません。自分が普段考えていないことがとっさに出てくる訳がないのです。特に、人前で話すような場面では慣れていて…

好きなものから学ぶこと

昔、昔、私が中学生の頃、(約35,年前です)田原俊彦の「君に薔薇薔薇…という感じ」という歌が大流行した時期がありました。奇妙なタイトルに思えるかもしれませんが、これくらいは驚きませんね。他にももっと奇抜なのがありましたからね。なんか本当にこの時…

トウモロコシの葉っぱは平行脈であることは日常生活で身につけて欲しい

中1のこの時期の理科は植物の観察や分類などを学習します。テキストにはいろいろな植物が出てくるのですが、生徒はまあ、知らないですよね。知っている生徒は田舎に住んでいる生徒であったり、親の影響が強い生徒ですね。我々が子供の頃、約40年前と比べ…

授業を見るということ

私は暇な時にはYouTubeでいろいろな授業を見ています。予備校の先生や個人塾の先生、若手もいればベテランもいるので、見ていてもなかなか飽きませんね。気がつけば驚くほどの時間が経っていて、ついつい夢中になっています。特に、最近は個人塾の先生がアッ…

時間厳守は当たり前?

私が人を評価する基準はいろいろありますが、最も重視するのが「時間感覚」ですね。仕事ができるとか、コミュ力も当然大事なのですが、根本にあるのがこの「時間感覚」なのですよ。時間を守れるかどうか、納期を守れるかどうかなのです。一緒に仕事をする上…

保護者会終了しました。

4月17日(月)と4月20日(木)で中学生の保護者会を行いました。お忙しいとろ、スケジュールや様々なことを調整の上、ご出席いただきまして誠にありがとうございました。なんと3学年とも全員出席でした。これほど嬉しいことはありません。100%の…

集団授業では全員が同じことをしないとダメだが、それは先生の責任。

当然ですが、集団授業というのは全員が同じことをしないと意味がありません。先生の指示に従って授業を受けることで、先生が考えている授業の目標に到達するのです。説明を聞くときは全員が説明を聞き、問題を解くときは全員が問題を解くことが大事なのです…

どうでも良いことを経験することでいろいろと学べるもの

大人からすると、子どもがやってることは本当にどうでも良いように思うことが多い。子どもだけでなく、アラフィフのおっちゃんから見れば20代の若者がやることもどうでも良いことのように思う。「いつまで、そんなことをやっているのか…」「そんなことをし…

大量の連休課題ってどうなん?

まもなくGW連休ですね。多くの方が楽しみにしておられることでしょう。さて、この連休に合わせて塾も休みます。こういった大型連休には必ず塾では課題を出すものです。しかも大量に出すのです。子どもからするとたまったものではないですよね。せっかく遊び…

先生を選びたいですよね

当たり前ですが、学校は先生を選べません。どの先生に当たるか、いい先生と出会うかどうかは本当に運ですよね。運良くいい先生に出会えばいいですが、外れだと大変ですよ。成績が上がらないどころでは済まないこともありますからね。だいたい、公立学校で先…

中学生にもなれば天気予報くらいは見て行動してほしいのですよ

天気予報で雨が降ることを言ってるのに、傘を持ってこなかかったり、自転車で来たりする生徒がたいへん多いのですよね。どうやら、全く天気予報を見ていないようなのです。最近はお母様も忙しいですからね、傘をもっていくことも伝えられないのです状況もあ…

真芯に当てないと打球は飛ばない

最近、近隣の公立高校では、英語の単語帳に「システム英単語(シスタン)」(駿台出版)を使っているところが大変多いです。昔は(30年以上前)「試験に出る英単語(シケタン)」でしたよね。問題集や参考書も昔よりよい物が増えていますが、この単語帳も…

我が子に伸びる可能性があるのかどうかを確かめる方法

中1だとまだ我が子の可能性に対しては全くわからないというのが正直なところですよね。もちろん、我が子ですから期待はしていますが、どこまで伸びるにか、どのレベルに通用するかはわかりません。1年位たつとだいたい見えてきますが、それでも中2の途中…

失礼な子供の発言に対して思うこと

好き勝手に発言する子供がいますよね。子供らしくていいなあと思う場面もあれば、そうじゃない場面もあります。笑える時もそうでないときもあり、ちょっとまずいと思う時もあります。子供は意外に残酷な面がありますし、他人の気持ちがわかるほど成熟してい…

先生の格好や服装について

先生の服装は清潔で不快感のないものであれば、何でも構わないと思っています。ですから、別にネクタイを締めていなくてもいいですし、夏ならTシャツでもいいですよ。大手塾は普通スーツ・ネクタイを着用するのが一般的ですね。まあ、会社員と言えば会社員で…

クラスごとの合格状況

上位校合格を宣伝しているそこそこの規模の進学塾で、例えば1学年100名程度だとします。そして、達成度別クラスが3つまたは4つあるとします。その環境でのクラス別の進学状況はでどうでしょうか… 1番上のクラスが奈良、郡山で20名~30名弱。 一部…

Spring has come!

やっと春になったという感じですね。英語でいうSpring has come.という表現がしっくりきますね。この表現は現在完了形ですから現在の気持ちを内包した表現です。言葉にははっきりと表していませんが、「やっと春がきてうれしい!」という現在の感情が込めら…

途中式を書かない生徒

何度言っても途中式を書かない生徒がいます。(ミスが出ないのであればいいのですよ別に)そして、ミスをしてしまい、先生に指導を受け場合によっては叱られるのですが、そんなことはすっかり忘れてしまい、また途中式を書かないで…と同じことを繰り返すので…

宿題の丸写しを見つけられないのは誤診をするヤブ医者と同じだと思う

普段の生徒の学力や様子を考えれば、宿題を丸写ししているか、適当にやっているか、だれかに尋ねたのかは、普通分かりますし、わからない方が不自然ですしおかしいですね。しかし、実際はとんでもないことがおこっているようです。数ヶ月以上もの間宿題の丸…

成績を伸ばす秘訣は凡事徹底

いろいろな生徒を見てきましたが、賢くても休みがちな生徒は伸び悩みますが、多少学力が低くても休まずに塾に通う生徒はやっぱり伸びてくるものです。本当に驚くレベルからスタートした生徒でもいい線いくことがありますし、宿題を忘れがちでも休まなければ…

あらゆるものにストーリーはあります

あらゆるものにストーリーがあります。日常生活にはいろんな物語がありますよね。日々の自分の生活も物語です。授業にもストーリーがあります。理科や数学の問題にもストーリーが込みこまれています。地理にも隠されたストーリーがあるのですよ。そのストー…

割引の理由

近所の塾では激しい割引&無料合戦が繰り広げられていますが、うちはわけのわからない割引はやっていません。しかし、ちゃんとした理由のある割引はありますよ。それは「きょうだい割引」ですね。二人以上同時に塾に通わせれることは結構たいへんですよね。…

免許と力量は別問題

仕事によっては肩書・資格・免許類は大事ですが絶対的なものでもないですよね。もちろん、それらが無ければと無理な職業は多いですし、その資格を取得するために膨大な時間と努力もありますから、持っているだけで凄いものもありますよね。しかし、資格や免…

学生バイト講師は本当にダメなのか…

学生バイトでも凄い先生、信頼できる先生はいますよ。一方ベテランでもアホみたいな先生がいます。まあ、これについては本人の資質もあるのですけどね、これはその塾のトップの姿勢や運営方針が顕れています。学生バイトでもできる先生がいる塾には凄い教室…

生徒を鍛えない塾は塾と言えない

ある一定数の賢い通っているだけで良い塾だと思われる傾向があります。あの賢い◯◯君が辞めないで文句も言わないで通っているのだから、きっと良い塾なのだろうと思ってしまう。実際にトップ校に合格している生徒がたくさんいるからやっぱり凄い塾なんだろう…

忙しいことは良いこと

入試が終わったので忙しい時期は一段落ですが、ある程度忙しい方が緊張感があって良いし、実は忙しいときの方が物事を多く考えています。忙しいとうことは入ってくる情報が多いのです。その情報に基いて考えて行動することで、また新たな情報が入ってきます…

factoryとfaceの共通点は…

授業でfactoryが登場すると、faceを引き合いに出して説明をします。実はこの全く異なるように思える単語には共通点があるのですよね。ご存知の通り、factoryは「工場」でfaceは「顔」ですから、何を言っているのかと思われる方も多いでしょう。なんと「fac」…

洋楽で英語を学んで欲しい

80年台代前半に大ヒットしたthe POLICE(ポリス)のEvery Breath You take(見つめていたい)という曲がありますが、これが英語の勉強になかなかいいのですよね。 何が勉強になるかって、歌詞が名詞+SVの語順で並んでいますから、形容詞節なのです。これ…

allとeveryとeachについて

all:全ての every:全ての/あらゆる each:各々の これらの単語は意味も似ているし用法も間違えやすいので入試では出題頻度は高い。 これらの単語の用法で注意しないといけないのは、後ろに続くのが単数か複数かということである。意味を覚えるだけでなく…

ハクモクレンが開いてきた

梅と桜の間にハクモクレンを楽しみたいのですが、今年は寒くて例年より少しお遅いですよね。この前に日曜日は結構暖かかったので、一気に開くかなと思いきや、また寒くなってしまいお預け状態ですね。自宅のハクモクレンもやっとこんな感じになりました。 ハ…