teTsu

奈良市のとりみ通りにある進学塾teTsu塾長のブログです。日々の授業で感じることや教育業界の問題点、たまにどうでもいい趣味の話をつづります。

「宿題を忘れました」に関して

生徒のよく言う「宿題を忘れました」には大事なことが抜け落ちています。

それは次の3つの赤字部分です。私はかならずこの赤字部分を追及します。

 ①宿題を持ってくるのを忘れた

 ②宿題をするのを忘れた

 ③宿題があるのを忘れていた

 

 これを追及しないと適切な指導にはなりませんよね。ボケた指導をしてしまっては何も改善されませんからね。そして、正しい言葉遣いも身につきません。大事な報告の場面でこんな解釈に幅のあるいい加減な言い方をしているようでは、いつまでたっても読解力は身につきません。正確に読み取ることなどできないのです。もちろん、文脈があれば省略してもかまいません。何の文脈もないのに省略しても分かるわけが無いのです。これでは一緒に暮らしていても無理ですよ。でも、こういう言葉遣いを逃してしまっている大人が多いのですよ。しかも、先生でもいますから話になりません。どうか保護者の皆さん、こういうことは流してしまわないで、普段から厳密なご指導をお願いします。実際、ここを追及できないと子供になめられますからね。

 

 さて、話に戻ります。

 ①はわかります。うっかり持ってこれなかったわけですからね。

 ②はダメですが、物事を後回しにしてしまった結果です。

 ③はおかしいのですよ。宿題は必ずでますから、「あるのを忘れてた」というはおかしいでしょう。これは完全に嘘になります。「面倒くさかったのでやりませんでした」とでも言うべきなのですよ。まあ、こんなことを言ってしまうと通常の3倍怒られますけどね。

 

 ちなみに、「宿題ができていないので、塾にいけません」と言った電話をたまにもらうことがあります。まあ、こんなことを思うのはまともだと思いますよ。宿題をしないで悪びれもなく塾に来るよりは。でもね、それで休んで何の解決にもなりません。授業にも遅れ先生からの印象も悪いです。休んでしまうとさらに自分を追い込んでしまうのですよ。ちゃんと塾にきて、先生に「すみません」と言って指示をもらえば良いのです。

 

 ということで、「宿題を忘れました」にはいろいろな問題もエピソードも教育的チャンスも隠れているわけですよ。だから、宿題を通して生徒も先生も勉強になっているのです。宿題がなくなると学力をつける以前の様々な学びが激減します。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/0742-51-6400

 

いつまでも同じ話は伝わらない

 どれだけいい話でも伝わらない話はある。聞き手の知識が乏しかったり、価値観が一致しなければ素晴らしい話もただのボケた話、退屈なくだらない話になりうるのである。話をきっちりと聞かせ理解させるには、聞き手を知らないとダメなのは言うまでもないことだ。先生は生徒に勉強の大事さや入試の意味や将来のことについて語る機会は多い。「勉強しなさい」「がんばることは大事」ということをいろんなことに例えて説明してやりその気にさせてやらないといけない。その例えは生徒が好きなこと、日常的に触れているものであれば、伝わりやすいし生徒も納得できるものだ。凄い先生はこのへんのネタが驚くほど豊富である。上手いこと対比させ見事に刷り込んでいく。教科を教えることが上手い先生はこういう話も上手いもだ。

 勉強の大事さを語る上で最も便利なのが「部活」だ。ほとんどが部活をしているので、部活での努力や技術の向上と勉強と結びつけるのが最も分かりやすい。ただし、大事なのは、全ての部活に共通のないようもあれば、特定の部活にしか当てはまらないものもある。そのクラスの生徒がどんな部活動をしているかを知った上で話さないと、ボケた話になる危険性はある。部活のどの部分に焦点を合わすかは先生のセンスが問われるところだ。部活の話ですべっていたら話にならない。

 一時期は勉強とドラクエなどのRPGゲームに例えるて話すこともあった。学力向上とゲーム内でのレベルの向上を重ねるのだ。これはたいへん納得感があったのだが、残念ながら全員が経験しているわけではないので一部の生徒にはわかりにくかったかもしれない。しかし、今はRPGゲームなんて流行っていないだろうから、この例えは伝わりににくい。本当に一部の生徒にしかわからないだろう。しかし、そんなことを意識せずに昔の感覚のまま生徒に語り続ける先生がいる。過去の成功体験だけを頼りに同じスタイルを続ける先生がいるのだ。鈍いとしかいいようがない。もちろん授業もいまいちである。だいたい、話をしているときの生徒の顔を見れば伝わっているかどうかはわかるからね。表情が読めてないのだ、空気をつかめてないのだ。

 こういうことを考えると、先生の仕事の根本はは生徒を知るということであることがわかる。そのためには生徒とコミュニケーションをとらないといけない。職員室に引っ込んでいてはダメなのである。いろいろ話を聞いてやらないとね。

 

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市富雄/0742-51-6400

 

 

間もなく777記事達成!

 間もなくこのブログも777記事達成です。間もなくですよ、いつになるか知りませんが、もうすぐです。この記事で774号ですからね。順調にいくとあと3記事ですからね。本当にもうすぐです。別に何があるわけではありません。なんとなく777って嬉しいじゃないですか。それだけです。777号を達成してもパワーアップするわけでもないですし、記事が長くなるわけでもありません。今までと変わらず続きます。しかし、何事も継続することは素晴らしいことですよ。継続することで気がつくことも学ぶこともありますからね。というわけで、まだまだこのくだらないブログは続くでしょう。

                                栗本博也

 

 

シェルターが再び

 最近の緊迫した半島情勢に関連して、シェルターという言葉を聞くようようになった。

shelter:避難所・隠れ場・収容施設など。

 

ちなみに、air -raid shelterとすれば防空壕となる。実際には「核シェルター」というふうに使われている。核攻撃や放射能から身を守るための避難所の事である。

 

 さて、このシェルターという言葉は我々の世代以上であれば別に新しい言葉でも、難しい言葉でもない。実は以前(といっても1980年前半頃)によく聞いた言葉なのである。当時は冷戦の真っ只中。米ソのにらみ合いが続き、世界は完全に西側と東側に別れていた。「第三次世界大戦」や「核戦争」という言葉を日常的に聞くだけでなく自ら発していた。大人が言うのでなく、子どもたちの会話にも自然と出てくる言葉だった。当時の中学生以上の子どもたちは「第三次世界大戦が起きたらどうする…」「米ソのどっちが強い?」実際にこんな会話をしていたのだ。そして、そういった会話で話題になっていたのが「シェルター」である。「あの家にはシェルターがあるらしいぞ」なんていう噂は頻繁に聞いたし、大きな家を見ると、「シェルターがありそうだな」と思ったものである。日本の80年代はバブルのイメージで明るいものを想像するものだが、バブルが盛り上がる前には、皆が相当な危機感を抱いていたのである。そういう時代だった。ソ連の解体とともに急速にこの緊張感は消えたけど。

 実は去年くらいに生徒にシェルターという言葉を知っているかを尋ねたことがあったが、中学生は誰も知らなかった。高校生でも英語の長文で目にするまでは知らない。長らくそんな状態だった。日本がいかに平和だったかがよく分かる。

 この半島危機はどう収まるかはわからないけど、この機会に大人も子供も平和の意味やそれを守ることを考えるべきだと思う。平和を願うだけではなくってね。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

 

 進学塾teTsu/奈良市富雄/0742-51-6400

わからないときは答えを見ても良いのですけど…

 わからないときは答えを見ても良いのですが、そのタイミングが大事なのです。しっかりと考えたあとで見ればいいのですけど、辛抱できなくて直ぐに見てしまう人がいますよね。それでは意味はありません。かと言って考えすぎるのも時間の無駄です。一問一答レベルの問題であれば考えても仕方がないですからね。当然ですけど、問題によって答えを見るタイミングは異なるわけですよ。そして次に大事なことは答えを見たあとにどうするかですよね。答えを確認して終わるか、じっくりと考えるか、これも問題によって異なります。問題によって適し対処をしないといけないのです。最もダメなことは、何も考えずに模範解答を書き写すだけの行為ですね。別に書かなくても良いのですよ。問題と模範解答を照らし合わせて考えればいいのですよ。学力の低い生徒はできない問題が多くなり、模範解答を書き写すことも増えてしまいます。ますます、作業性が高くなり、頭に入らなくなるのですよ。時間だけかかって何も得るものがないという最悪な状況になるのです。(残念なのが模範解答を書き写すというこの意味のない行為をやらせている先生がいることなのですよ。)

 というわけで、わからないときは答えを見ても良いのです。しかし、そのタイミングとそのあとの対処の仕方が鍵なのです。ここで大きな差になるということを心得ておきたいものです。

f:id:kuri2013:20160322131023p:plain

進学塾teTsu/奈良市鳥見町/0742-51-6400